dobrouchut praha


プラハからどうど召し上がれ
by dobrouchut
以前の記事

バンベルクのクライカ祭り

プラハから東へ走ること2時間、と言っても車でだから150kmくらいは離れていますが、
バンベルク(Vamberk)という小さな街があります。
ここはボビンレースの街として有名。チェコではボビンレースはクライカと呼ばれています。
ミラベルカでご紹介しているクライカ作家 マルティナ・シュテフコバーの生まれ育った街が、
ここバンベルクなのです。
ここで毎年初夏にクライカ祭りが開かれます。祭りは国際祭りと国内祭りが交互にあり、
今年は6月27日から29日までの3日間、国際祭りが開かれることになっています。
では、昨年の国内祭りの様子をご報告しましょう。

  2007年6月30日、バンベルクのクライカ祭り

早朝にプラハを出発した車は、信号がほとんど無い田舎道を相当なスピードで走り、
2時間足らずでバンベルクの街に着きました。
ここが街の中心。手前の白い建物が市庁舎。市庁舎の前は小さな広場になっています。
d0012157_15475387.jpg


この広場の一角にクライカミュージアムがありました。入り口にはMUZEUMと表示はあるものの、
気にしていなければ通り過ぎてしまいそうな程の地味な建物です。
d0012157_15483835.jpg


祭りの会場へ向かう前に、クライカの歴史や代表的な作品を見学しました。
ここでは、17世紀中頃に起源するチェコボビンレースの中心地バンベルクの歴史と、
現在に受け継がれてきた技術を見ることができます。
d0012157_15491440.jpg


ミラベルカのトップページの写真「5人の少女達」は、ここで特別に提供してもらったものです。
展示された作品の写真を撮ることはできませんし、公式の写真集なんて気の利いたものもないので
詳しくご紹介できないのが残念です。


さて、ミュージアムを後にして、街のはずれにある祭りの会場に向かいましょう。
会場となっているカルチャーホールに近づくと、すでに小型バスが何台か駐車されていて、
たくさんの人が集まって来ているようです。
d0012157_15543311.jpg


小学校の体育館くらいの広さのカルチャーホールに入ると、中は熱気にあふれていました。
出展者は仕切り壁に思い思いの自作のレースを貼り付け、テーブルにはビーズ、ボビン、
糸、ピン、枕、型紙など自分の道具類や材料を並べて展示しています。
d0012157_1631979.jpg


来場者の多くは女性ですが、若い娘からお年寄りまで様々。ボビンレースがチェコの人々に
根づいた文化であることを窺わせます。
皆さん如何にも「この日を楽しみにしていたのよ!」という感じで楽しそうです。
d0012157_16111441.jpg


奥さま方をエスコートしてきた男性陣はと言えば、会場内を見渡せる2階のテラスのベンチで
お休みです。でも女性群をじっと待っているだけではありません。ちゃんとビールのグラスを手
にしておしゃべりを楽しんでいる様子でした。


毎年開かれるクライカ祭り、今年の国際祭りではどんな作品や道具に出会えるでしょうか。
またご報告いたしますね!
[PR]
# by dobrouchut | 2008-04-24 15:34

チェコ国立オンドラシュ民族音楽舞踊団

チェコ国立オンドラシュ民族音楽舞踊団の来日公演に行ってきました。
2008年公演の初日は、
国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟の大ホール、、、
フー長い!なんて長くて覚えにくい名前だ!
とにかく、そこに駆けつけたのは、2月9日 チラチラと粉雪の舞う寒い日でした。
零下はあたりまえの寒いチェコからやってきた舞踏団だけど、
東京だって負けずに寒いでしょ~、、、なんて変な自慢してる内に会場に着きました。d0012157_23273780.jpg


さてさて、外は寒いけど、舞台は熱気が溢れんばかり。
ご存知のスメタナのヴルタヴァで幕が上がると、
チェンバロ、バイオリン、ベース、クラリネットの7人が演奏するポルカをバックに
24名の男女が、舞台を縦横に踊って飛んで跳ねて叫んで、イーヤッホー
d0012157_2346366.jpg


ボヘミア、モラビア、スレスコのチェコの地方に伝わる民族舞踊を受け継ぐ若者達
お揃いの黒のロングブーツがかっこいい
d0012157_23324833.jpg


色とりどりの民族衣装は、刺繍で飾られ、白いブラウスにチョッキがきれい
d0012157_23432890.jpg


女の子たちのかわいいスカートが、くるくる回って広がって生きているみたい
d0012157_2334676.jpg


休憩を挟んで2時間はあっという間でした。
チェコの人も薦めるオンドラシュ民族音楽舞踏団
今年は3月半ばまで全国22箇所の予定が組まれているそうです。

もう少しお知りになりたい方に、
公演の主催者のホームページ

チェコ国立オンドラシュ民族アンサンブルはチェコ国軍(空軍)に属するプロフェショナル国立舞
踊団です。1954年チェコスロバキア国立ヤーノシク(JANOSIK)民族アンサンブルとしてブル
ノに誕生しました。1993年1月1日チェコとスロバキアは協議分離され、ヤーノシクはスロバキ
ア語のためチェコ語のオンドラシュに名前が変わりました。団員の半数は18歳から22歳まで
の各地の民族アンサンブルから集まった精鋭若者です。その中の数人は次年度以降も残り、
半数は職業芸術軍人となります。ハンガリーのホンベート・アンサンブル、日本の航空自衛隊音
楽隊と同じです。チェコ、モラビア、シレジア地方を中心に、ヤーノシク・アンサンブル時代から
のスロバキア・レパートリーも多く、バラエティに富んだプログラムで、年間180近い公演を行っ
ています。(http://www.folklor.com ホームページより)
[PR]
# by dobrouchut | 2008-02-12 23:14

高島屋でマルチナのボビンレースが特別展示

日本のホビー産業市場規模は3000億円。小さいと見るか大きいと見るか…。
「手作りのある暮らし」を応援したいC&Nとしては、最近、この世界にも注目しています。

手作りホビーの世界は多種多様ですが、中でも盛んなのがアクセサリー作りです。
浅草橋近辺のビーズアクセサリー用品店は、いつも女性客で賑わっています。

そんなビーズアクセサリーの展示会が、日本橋高島屋で2週間にわたって開かれ、
マルチナのボビンレースが招待作品として展示されます。

ビーズグランプリ2007はこちらから

今日は搬入日。これから出かけます。行ってきま~す。
   ・
   ・
   ・
はい、ただ~いま。高島屋への搬入から帰ってきました。
最近は百貨店も休み無しなんですね。
8階の催事フロアー以外はしっかりと営業してました。
それで、直接会場へ入ることも出来ましたが、
裏口の守衛所に寄って、リボンをもらって貨物エレベーターで8階へ。

実は、帰りに三越へ寄ったのですが、
裏口の雰囲気がこんなに違うのですね。
こんなって、、、
三越に較べて、高島屋はユルイ!ひと言で言えばユルイ!

三越では、記帳して、身分証明を提示して、帰りには荷物チェック。
高島屋は、行き先を言っただけでオッケー。
どちらが良いか?は判りません。ただ、違う!ということです。

8階の会場には、マルチナ用のガラスケース2台とDVDの台が用意されてました。
打ち合わせの通りです。
d0012157_224475.jpg


背の高い方のケースには、ネックレスとブローチとピアスを飾り、
低い方には、ボビンの枕を飾りました。
d0012157_225426.jpg



ところで、今回は展示だけで販売は止めました。
販売するには、販売担当を付ける必要があったからです。
二週間も店頭に立つ余裕はありません。
更に、来年の5月にかけて、全国を回るということです。

購入を希望される方には、ネットショップにアクセスして頂くか、
原宿のレースセンターに行って頂くことになりました。

ネットショップはこちらからどうぞ。


販売よりも、多くの方にボビンレースを知っていただくこと。
そのために、作業工程のDVDも用意しました。

ビーズアクセサリーを見に来られた方々が、
ボビンレースを見て、どんな反響があるでしょうか。とても楽しみです。

ブログをご覧になられて、興味がおありでしたら、
高島屋に寄ってみてください。
[PR]
# by dobrouchut | 2007-08-21 22:37

2007ホビーショーが近づきました

来る5月11日(金)、12日(土)、13日(日)に東京有明ビックサイトで開かれる日本ホビーショーで、
スロバキアから刺繍の伝承者イベタ・スミレコバーさんを招待し、デトバ刺繍を紹介します。

d0012157_17562977.jpg


デトバ刺繍とは、スロバキアのデトバ地方に伝承される、かぎ針を使った刺繍の技法です。
布の表からかぎ針を刺し、糸を引き上げて作り出す独特の模様は、ほがらかな色調とあいまって、
どこか懐かしい、やさしい印象を与えます。
イベタ・スミレコバーさんの家族は、このデトバ刺繍を代々伝承し、
デトバの町でミュージアムショップを営んでいます。イベタさんはデトバ刺繍の先生でもあり、
この伝統的な刺繍を日本の皆さんに伝えるためにホビーショーへやってきます。

d0012157_220581.jpg


スロバキアは、ヨーロッパでも有数の民族舞踊が色濃く残る国といわれます。
日本の8分の1ほどの小さな国ですが、20以上の民族舞踊地域に分かれ、
それぞれに特徴ある衣装と踊りがあります。
民族衣装は、年齢や各行事によって身につける色を変えていました。
また、布や刺繍などの装飾は、その地域の豊かさも映し出します。
衣装に施す刺繍や飾り布などの装飾は、それぞれの地域で母から娘へと伝えられ、
今に残されています。

d0012157_2242341.jpg



会場では民族衣装やクロス類のほか、見つけるのが困難になった、
スロバキアの貴重な手仕事のアンティーク刺繍やレースもご紹介します。

d0012157_21453739.jpg



ブースではデトバ刺繍のワークショップもございます。お越しをお待ちしております。 

d0012157_17574359.jpg




ワークショップスケジュール
  5月11日(金) 11:00~12:30  14:00~15:30 
  5月12日(土) 10:30~12:00  13:00~14:30  15:00~16:30
  5月13日(日) 10:30~12:00  12:30~14:00  14:30~16:00
  参加費 2000円(材料費含) 受付は会場にて承ります
[PR]
# by dobrouchut | 2007-04-03 23:03

かぎ針刺繍発祥の地デトバでイベタさんと会った

デトバは、車で5分も走れば通り抜けてしまう程の小さな街。
d0012157_12492283.jpg


住宅が並ぶ広い通りに、刺繍を飾った小さなウィンドウを見つけた。
通りから離れたウィンドウに刺繍を見つけたのは偶然と思えた。
d0012157_12494382.jpg


土曜日で閉められていたが、ウィンドウに書かれた電話番号にかけてみると、
オーナーがくるということになり、暫らくしてやってきたのがイベタさんだった。

イベタさんは、おかあさん、おばあさんもかぎ針刺繍をやっていたという民族工芸の伝承者。
d0012157_1312724.jpg


お店には刺繍や工芸品が並べられ、奥の部屋は小さなミュージアムになっていて、
スロバキアの古い家具などとともに、刺繍が施されたたくさんの衣装や生活雑貨が展示されている。
d0012157_13172123.jpg


さっそくかぎ針刺繍の技術を見せてもらった。
布にかぎ針を刺して下糸を引っ掛ける
d0012157_1319406.jpg


引っ掛けた糸をループ状に残して、再び下糸を引っ掛けてループに潜らせる。
d0012157_13214792.jpg


イベタさんはすばやく模様を描き出した。

スロバキア独特のかぎ針刺繍の伝承者
刺繍技術の教室で教えることも多いという
日本に持ってくる作品がある
伝統衣装のコレクションを持っている
笑顔の素敵なところも良い
d0012157_17205989.jpg


ホビーショーに来てくれるかと尋ねると
”行きます”と迷わず答えた
彼女なら、来年のホビーショーはきっと上手くいく

フォトギャラリー準備中です


帰国して、日本ホビー協会に報告。
2007日本ホビーショーでの”スロバキアのかぎ針刺繍”の承認をもらった。
今年と同じ、2ブースのワークショップと作品販売です。

 *******************************
   第31回 2007日本ホビーショー
   日時  2007年5月11日(金)~13日(日)
   場所  東京国際展示場(東京ビッグサイト)
 *******************************

チェコのボビンレースワークショップは、大勢の方々のお力を頂けたお陰で、
来年の「スロバキアのかぎ針刺繍」が実現することになりました。
皆様、ホビーショーにお出かけください。イベタさんとお待ちしています。

    
[PR]
# by dobrouchut | 2006-09-15 22:46

バンスカビストリツェのウルフを訪ねた

デトバへの途中の街バンスカビストリツエ、ここにスロバキア民族工芸協会ウルフの支部がある。
支部には、かぎ針刺繍の技術者が我々を待ち受けていた。
d0012157_1194825.jpg


小振りの棒に先端の曲がった細い針を取り付けたかぎ針で、布の下の糸を引っ掛けて上に通す。
通した糸をループ状に1ミリ程残しておいて、また布の下の糸を引っ掛けて上に通し、
残しておいたループに潜らせて、更にそれをループ状に1ミリ程残す。
これを繰り返していくのがかぎ針刺繍。
d0012157_11102761.jpg


小さなものはコースター、テーブルセンター、大きなものはテーブルクロス、民族衣装、壁掛等。
いづれも布地にカラフルな糸を使って刺繍されたもの。
ウルフでは定期的にかぎ針刺繍の講習会を開いて、この技術の継承を図っているという。

併設されたクラフトショップには、刺繍のほか、木製のテーブルウェア、人形、陶器などスロバキアの
民族工芸品が売られていた。
d0012157_12125678.jpg


かぎ針刺繍は、ショーに持ち込むのに十分な魅力がある。担当者にホビーショウの説明をした。
ショーには3日間で10万人以上が集まる。そこでスロバキアの民族工芸技術を日本に紹介したい。
ショーで催すワークショップには、このかぎ針刺繍の技術を試してみたいという人が大勢集まるだろう。
旅費、滞在費は我々が負担。報酬は無いが作品を販売することができる。
ワークショップの技術者として誰を選ぶか、その技術者の作品を販売することが可能か。

担当者は乗り気ではあるものの、上層部に企画をあげて相談するという。
今夜は、バンスカビストリツェの街中にペンションを見つけて泊まることにした。
d0012157_12112589.jpg


明日はいよいよ、かぎ針刺繍発祥の地デトバの街に入る。
[PR]
# by dobrouchut | 2006-09-14 22:03

ブラチスラバでかぎ針刺繍と出合った

朝8時発の列車は、たった1時間でスロバキアの首都ブラチスラバに到着。
構内の案内所で地図とホテルリストを手に入れて歩き出した。
ウイーンとブラチスラバ両首都間が東京と千葉間くらいの近さなのに、街の雰囲気はずいぶん違う。
観光地としてはウイーンが有名だし見所も多いのだろうが、ブラチスラバの静かで落ち着いた雰囲気が
好きになりそう。
d0012157_11241221.jpg


旧市街に向かい、スロバキア民族工芸保存協会のウルフを探した。
ウルフはチェコスタッフのコンタクトによって事前に調査してあった国営協会で、
スロバキアの民族工芸の保存と振興を目的として、各地にショップと事務所を設けている。
d0012157_11265682.jpg


我々は今年5月のホビーショーでチェコのボビンレースを紹介して好評だったことから、
次回はスロバキアの民族工芸にしたいと意気込んでいた。
昨年9月に半年間滞在したチェコから帰って、調査してきたチェコのホビー事情を家人が講演すると共に、
チェコのボビンレースを紹介する企画が採用され、ボビンレース作家マルチナの来日が実現した。
マルチナのボビンレースは、伝統的な技術を背景に新しいデザイン感覚の作品が素晴らしい。
ワークショップは3日間とも満員盛況。ネックレス、ペンダント、ピアスなどが予想を上回る人気だった。
マルチナ来日の奮闘記は、ネットショップ ミラベルカのコラムをご覧ください。
スロバキアの後チェコに戻って参加したマルチナの結婚式の模様もアップしています。

   ●チェコクラフト ミラベルカのチェココラム(画面右側)


いろいろ調べるうちに、このところ静かなブームだという刺繍に可能性があるとにらんだ。
刺繍はホビーとして親しまれているが、今更人々の興味をひく魅力があるのだろうか。
独特の技術、仕上がり、デザインでなければ、せっかく紹介しても面白くない。
地方独特の刺繍を探したい。今回の現地調査のポイントはそこにあった。


我々はウルフのショップで素晴らしいものを発見した。
並べられた刺繍のなかでも、その色使い、独特な模様、緻密さは見た事のないものだ。
それは特別なものだった。その後ウルフの担当者との話し合いで可能性が膨らんでいった。
d0012157_11291666.jpg


それは、かぎ針刺繍だった。
先端がかぎ状に曲げられた針で糸を引っかけつつチェンステッチしていく手法。
ウルフの担当者は、スロバキア中央部のデトバ地方独特のものだという。
翌日、我々はデトバに向かった。
[PR]
# by dobrouchut | 2006-09-13 22:40

チェコからオーストリアへ

ドイツから戻って二日目の朝、滞在したチェコの地方都市ピーセックを発ってオーストリアの国境を越えた。
霧のためか20分遅れの列車内は、ハイキングに向かうらしいお年寄りグループなどでほぼ満席。
国境までが1時間半、越えてから2時間走って、11時前にはウイーンに着いた。
d0012157_1175249.jpg


国境までの料金が300円なのに、国境で買ったウイーンまでの切符は3000円。
2時間乗って3000円は日本と比較しても高い。
いや、1時間半も乗って300円のチェコが安すぎるのだ。
中央駅から市中に向かったトラムも、15分程乗って300円は日本より高い。
チェコのトラムは昨年の値上げ後でも100円だったし、15分以内なら75円。
だが、街のインフォでホテルを見つけるついでに調べたら、トラム一日券があるのが判った。
24時間以内なら何回乗っても750円。恐らく定期券とかシニアパスなども格安になっていて、
市民は安く利用できるようになっているのだろう。
d0012157_11192080.jpg


オーストリアの交通機関が民営か知らない(調べれば判ることです)が、
少なくとも線路を敷いたときは市民の税金が使われていたのだろう。
税金を払わない観光客は多少高めの料金を払っても文句を言える立場ではないのかも知れない。
d0012157_11202163.jpg


スロバキアへの移動の便を優先して、南駅の前のホテルにチェックインしてから、
一日券を使ってオーストリア応用美術博物館に向かった。
博物館はオーストリア以外、ヨーロッパ各地の工芸品を展示してあった。
見事なボビンレースなど、100年前のウイーンやフランスやベルギーなど各国から集められた作品が並び、
セラミックは中国、日本も含めてそれは見事だったけど、今回は地元の工芸品が見たかった。

夜の国立オペラ座はライトアップされてきれいだった。
d0012157_11233457.jpg


事前のコネクションを取っていなかったウイーンは、ただの観光になりそう。
仕方が無いので、明日は早めにスロバキアに出発することにした。
[PR]
# by dobrouchut | 2006-09-12 10:15

1年ぶりのチェコ       2006年9月

帰国してから丁度1年経った2006年初秋のチェコ。
夜遅くプラハに着いて、車で北チェコのオストロフに移動。
オストロフは保養地で有名なカルロビバリに近い小さな街。
旧市街の朝は、もやがかかってひっそりとしていた。
d0012157_1740893.jpg


商品化が決まった「バビチカの靴下」の製作者に会いに来た。
バビチカはチェコ語で「おばあちゃん」
去年、ルジェナが編んでくれた靴下が元になって、良品計画への提案が実を結んだ。
11月にMUJIで発売。履きやすくて丈夫な優れもの。
ルジェナには、プロモーション用のインタビューと写真撮影をお願いした。
d0012157_1530740.jpg


今回は、来年のホビーショーに向けて調査が一番の目的。
今年5月のホビーショーは幸いなことに、
ボビンレース作家マルチナのワークショップが好評で、来年も開催の了解がもらえた。
ただし、連続してチェコはだめ。他の国から捜してくるのが条件。
ドイツ、オーストリア、スロバキアと周って、日本に連れてくる工芸作家探しの旅だ。

木のおもちゃで名高い、ドイツ東部のザイフェンはチェコ国境から1時間の街。
おもちゃ職人を束ねるドレゲノ社を訪ねた。
街に入ると、さすがにおもちゃの街。あちこちにおもちゃのモニュメントが建っている。
クリスマスピラミッドや、高さ3mはあるくるみ割り人形に眼をひかれた。
d0012157_15303942.jpg


ここは木工ろくろで有名。水車を動力としてろくろを回し、ドーナツ型の輪から動物や人形を
切り出す。
街のインフォーメーションに寄ったら、切り株と輪が展示してあった。
刃物を当ててハンマーで叩くと、簡単に犬が出来上がった。ドイツらしい合理的な手法。
d0012157_15305662.jpg


翌日は、丁度ライプチヒで開催中のギフトショーのドレゲノ社ブースを訪ねた。
ブースでは、日本のデパート催事に職人派遣している方を紹介して頂いた。
どうやら日本へのルートは出来上がっている。
また、おもちゃ造りの工程を、木の切り出しから仕上げまでできる職人も今は無く、
分業化が確立しているということで、ホビーショーには向かないらしい。残念。
これから向かうオーストリア、スロバキアに期待しよう。
[PR]
# by dobrouchut | 2006-09-09 13:00

マルチナの新作アクセサリー展示会

5月のホビーショーでご紹介した、
チェコのボビンレース作家マルチナから新作アクセサリーが届きました。

ネットショップで販売をしてきたアクセサリーですが、
直接見たいと言う皆様のご要望をいただき、
ギャラリーに置いてもらうことにしました。
d0012157_2254374.jpg


場所は青山 ギャレリア・カンパネーラ
表参道駅と渋谷駅の丁度真ん中あたり。青山学院大学の西門前。
カンパネーラは創作アクセサリーが集まる楽しいギャラリーです。
d0012157_2203279.jpg


1m程の狭いスペースですが、ひと月間の展示販売。
マルチナからは、このために新しいデザインのネックレス、ブローチ、ピアスが
送られてきました。

新しい試みとして、
京都の本金糸を使ったアクセサリーも展示します。
西陣織の帯などにも使われる、日本の伝統工芸技術本金糸と、
チェコの伝統工芸ボビンレースのコラボレーション。

本金糸の輝きを放つ繊細なボビンレースをご覧ください。
[PR]
# by dobrouchut | 2006-09-08 23:00


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧